FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3人で

ぴちゃぴちゃ…ちゅ…。
「ああん、い、いっちゃう、いっちゃうう…。」
ぴしゃあっ…。
「ふふふ、お姉さんもすっかりだらしなくなって。嬉しいなあ。」
「そ、そんな、だってぷちちゃんが…。」
「でも、最近よくお姉さんから誘ってくるし。」
れろれろ…。
「ああっ、またいっちゃ…。んんん。」
「かわいい。」
「やあん…。」
「あら。そんなぷち姉さまも、こんなに濡らしちゃってますよう。」
くちゅ…。
「はううん。お姉さんがいきまくってるの、こんな近くで見てたら、やっぱり濡れちゃう。」
「ぷち姉さまのエッチ。えいっ。」
くにゅん。
「ああっ、出ちゃうっ。」
びゅうううっ。
「はあはあ…。」
「そんなぷち姉さまが大好き…。」
ぐちゅぐちゅ…。
「あ、そんな…。私がしてあげる。」
ちゅ…くいっ。
「きゃう、ああ、気持ちいいのお…。」
「ぷちちゃんにもしてあげるう。」
「や、気持ちよすぎて、できなくなっちゃう。」
「だめ、やめないで…。」
「ぷちちゃん、得意じゃない。ほら、理恵ちゃんの、しっかり舐めて。」
れろれろ…。
くちゅくちゅ…。
「はあん、私、いっちゃう、いくう…。」
「んは、だめ、我慢できないっ。いくううう。」
ぷしゅっ、じゅるるる。
「ふふ、もう2人とも…。」
「もうお姉さんったら。ほら。」
きゅっ。
「ああんっ、だめ…。」
「はう、私もお手伝いします。」
ちゅう…。
「んんんんん。」
ぴゅっ…。
「やっぱり一番だらしないの、お姉さんです。こんなにいっぱい吹いちゃって。」
「言わないでえ…。」
「もっと吹いてくださいね。」
くにゅくにゅ…。
「いやああ…。」
ぴゅっ、ぴゅっ…。
「またいっちゃうっ。」
かりっ…。
「いいっ…。」
がくがくがく…。
「あらら、失神しちゃった。そしたら、理恵ちゃん…。」
「ぷち姉さまあ…。」
ぐちゅぐちゅ、れろれろ、じゅるるる…。
「んん、いく、いく、いくうう。」
「いっちゃうう。」
ぶしゅっ、ちょろろろ…。
じゅるっ、んぐ…。
「はあはあ、もう、おかしくなっちゃう…。」
「本当、止まらない…。もう何回いったかな。100とか?」
「え、そんなに、いけないですよう。」
「でも、10や20じゃないもん。というか、40くらいまでは数えてたし。数えられなくなってからも、ずいぶんしてるから…。」
「本当に100だったりして。」
「んんん…。ぷちちゃん…。ぎゅってしてえ。」
ぎゅううう…。
「ああ、いっちゃう…。」
「お姉さんが一番激しいかも。」
「うん、ですね。」
「だって、ぷちちゃんが…。止まらないの、いっちゃう。」
ぴゅっ…。
「ふふふ。三角形になろう?みんな気持ちよくなるの。」
「うん。」
れろれろ、じゅるるる、ぐちゅぐちゅ、くにゅん…。
「やあ、いっちゃう、いっちゃう。」
「いくいくいく、いくううう。」
「いくうう…。」
ぶしゅうう…。
「はあはあ…。好き、大好き…。」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
変態ぷちの談話室
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。