FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性のオーガズムと失神の話

失神するほど気持ちよくなってみたい、あるいはパートナーを失神させてみたい、という人へ。
比喩ならともかく、本当に失神するほどエッチしたら、それはやりすぎです。
命の危険もありますので、失神する手前でやめるようにしましょう。
…って、私が言っても説得力ないんですが…。

パートナーやおもちゃなどに性感帯に刺激を受けると、興奮して気持ちいいって感じます。
それを続ければさらに興奮し、快感の山(快感曲線)を登っていくことになります。
その山の高さがある程度を越えると、オーガズムが発生、つまりいくんですね。
オーガズムが発生すると、消退期になります。
いわゆる賢者タイムです。
女性にはない、なんて言う人がいますが、ちゃんとあります。
男性ほど長く、はっきりとしないだけのこと。
普通ならセックスなりオナニーは、この消退期で終わりで、興奮も冷めて身体は平時の状態に戻っていきます。
ところが、パートナーとのタイミングがずれたりして、あるいは故意に、この消退期を無視して刺激を受け続けると、山を降り切る前に次の山を登り始めてしまうのです。
すでに高い所にいるので、1回目よりずっと早く、次のオーガズムは発生します。
これがいわゆる連続オーガズムです。
性感帯を含めた身体の感覚は、どんどん敏感になっていくので、続ければ続けるほど、いきやすくなってしまいます。
私の経験では、そのオーガズムもどんどん深く大きくなります。

こうしてずっと刺激を受け続け、過剰な快感を感じ続けていると、やがて脳では処理をしきれなくなってしまいます。
血圧や心拍数もすごい上がってますし、冗談ではなく危険な状態になります。
なので、自身を保護するために、そういった感覚を一切遮断する機能が働きます。
これが失神です。
失神すると快感は脳には届きません。
そうすることで、興奮を冷まし身体を平時の状態に戻すんですね。
もっとも、ずっと感覚を遮断し続けるのは別の意味で危険です。
だから長時間その状態ではいません。
失神は割とすぐに回復するんです。
この時にまだ刺激を受け続けていたら、過剰な快感のためにまた失神、なんてことにもなります。
連続失神ですね。
あれ?
似たようなことをさっき言った気がします。
そう、失神の過程とオーガズムの過程は、すごい似ています。

オーガズムって、結局は小さな(あるいは部分的な)失神です。
もちろん、特に男性にとって、オーガズムは生殖のために必要なことですけど。
さすがに失神するまでする必要はありません。
とはいえ、ひときわ大きなオーガズムが失神、なんて考えると、つい経験したくなるのもありますよね。
オーガズムをどう表現するかは、人によって大きく違います。
空を飛ぶ感覚と言う人もいれば、高い所から落ちる感覚と言う人もいます。
連続オーガズムとなると、経験する人が急に減るので、なかなか意見を聞けないのですが、私自身は目の前で何かが爆ぜる感覚、だったりします。
雪奈ちゃんは宇宙まで飛んでいった感覚って言いますし、お姉さんだと猛スピードのジェットコースターが暴走してる感覚だそうで。
ただ、なんとなく、命の危険に繋がってそうな表現が多いかも。
ずいぶん前ですけど、私、この連続オーガズムで幽体離脱みたいな現象を経験したこともありますし…。

オーガズムをさらに大きくしたものが、失神と言えるかもしれません。
でもオーガズムと違って、失神は自己防御のために起きるものです。
壊オナでは何度も失神してる私が言うのもなんですが、失神するほどやるのは、やりすぎです。
どうしても、どうしても、失神するほど感じたいという人は、まず体調を万全にしてください。
エッチするのって、身体にとっては、全速力で長距離走するのと変わらないんです。
寝不足の状態や、頭痛がするような状態で挑戦しないでください。
高血圧の人や、動脈硬化などの血管異常がある人は禁忌です。
それと、絶対に1人きりでは挑戦しないこと。
セックスにおいて1人きりはないでしょうが、オナニーで挑戦する場合も、必ずパートナーなど信頼できる人に見守ってもらえる状況でやってください。
まじめに、死のすぐそばまで行きますから…。
稀に、ニュースになってしまう事故も発生しています。
こんなことで有名になるのは恥ずかしすぎるので、本当気をつけてくださいね。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
変態ぷちの談話室
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。