FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会議

「では、お手元の資料は、426ページになります。……」
資料の説明を続けながら、彼(例の担当者)の方をちらっと見る。
付箋の栞をもとに、426ページを開く彼。
「うわっ!?」
「ん?どうした?」
彼が突然奇声をあげたので、隣に座る部長さんが訝しむ。
「いえ、何にも…。失礼しました。」
彼は私の方をチラチラ見始めた。
実は、彼の資料にだけ、426ページにいたずらを。
私の白黒セミヌード写真を挟み込んでおいたの。
セミヌードって言ったって、少し露出が多いかな、程度だけど。
でも、光の加減で少しおっぱいとか透けて見える(気がする)ので、一瞬ドキッとするかも。
そして、その通り彼はびっくりしてくれました。
彼は写真をこっそりスーツのポケットにしまったみたい。
その上で、私の身体…特に胸を注視してきます。
写真の私が目に焼き付いちゃったんでしょう。
変な意識をし始めたせいで、時々飛ばしてきてた「いちゃもん」のキレがすごく悪くなります。
そのおかげで、説明の方はスムーズに進むように。

予定の2/3終わったところで、いったん休憩。
「ちょ、君…。」
「はいっ、なんでしょう?」
思った通り彼が飛んできた。
「さっきの資料!」
「休日全部返上して作り上げましたの。お気に召しました?」
慌ててる彼に対し、私は満面の笑みで返す。
「いや、そうじゃなくて。変なの…。」
「あら、何か変な箇所ありました?それは大変!至急直しますから、会議室戻ったら教えてください。」
最後まで言わせない。
「ううう…。」
なんか俯いちゃいました。
でもその状態で、しまった写真をチラ見してたんだから、やっぱりエッチだなあ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
変態ぷちの談話室
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。