FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子会

第一四半期無事目標達成ということで、お疲れさま会女子会バージョンが開かれました。
メンバーは、お姉さん、Yちゃん、私の3人。
場所はお姉さんの家。
デリバリーのオードブルなどを手配し、いざ開始。
女子会バージョンだとお姉さんペースがすごい早い。
男の人の目を気にする必要はないから、本性出せるし?
メンバー全員、レズ属性持ちだし…。
開始から30分も経たないうちに、「暑くなっちゃった♡」って。
シースルーのシャツに着替えたお姉さん、ブラも外したみたいで、胸のぽっちがくっきり浮き出て見えます。
胸を強調して見せるそれは、ワンサイズ小さめ。
私とのデートで使う、羞恥プレイ用なんです。
そんなのを自ら着ちゃうんだから、もうすっかり発情してます。
お姉さんの顔が真っ赤なのは、お酒のせいだけじゃないですね。

さらにお酒も進んで、私とYちゃんも薄着に着替えさせてもらって。
余興タイムになぜかツイスターゲーム。
酔っ払ってるおかげですぐ体制崩しちゃうし。
罰として、1枚ずつ着てる物脱ぐことにしたら、なんかもう…。
裸同士で絡むなんて、恥ずかしすぎです。
そんな感じで、すっかりエッチモードになっちゃった3人。
今度は女体盛りごっこを始めました。
おっぱいの上にオードブルを乗せて、箸を使わないで食べちゃう。
もちろん、ついでに乳首をついばんだりするので、喘ぎ声が響いちゃいます。
私が器の時は、やっぱりワレメ酒…。
恥ずかしいし、必要以上に割れ目を舌でなぞられて、お酒じゃない液体が溢れちゃう。
もちろん、それも音を立てて啜られます。

ここまでくると、もう我慢できません。
最初の生贄は、やっぱり最初から発情してるお姉さん。
私がリードして、お姉さんの発情した部分をYちゃんに見てもらいます。
指でそっとあそこを押し開くと、思わずひくひくさせてます。
「舐めて、ください…。」
言われる前にちゃんとおねだりもできました。
完全に濡れたそこをYちゃんに舐めてもらいながら、私は乳首をくりくり摘まんで転がします。
アンアンかわいい声で悶え、身体をしきりにくねらせるお姉さん。
何分も経たないうちにいっちゃいました。
お姉さんのエッチなお汁を舐めて、すっかり興奮したYちゃんが次の生贄。
お姉さんのリードで全身を超敏感にさせられ、私が濡れたそこをキス責め。
恥ずかしい、やめて…って言いながらも、自分から脚を開いたりして、すごいいやらしい。
こんな異常な状態だと、やっぱり数分もたないのかな。
Yちゃんもあっけなくいっちゃった。
最後は私。
お姉さん、いきなりのキス責め。
Yちゃんは私の乳首に吸い付きます。
私の知らないうちに打ち合わせでもしていたのでしょうか。
なかなかいやらしいあそこに2人とも触れてくれません。
恥ずかしいお汁をとろとろ溢れさせて、悶え続ける私。
「私のいやらしいおまんこも、いじめてください…。」
大きな声で言わされて、それだけでいきそうになったくらい。
Yちゃんがクリトリス、お姉さんがアナルを舐めてきて、私もあっという間でした。

その後、トライアングルになって舐め合って、何度かいっちゃう。
汗まみれの汁まみれになって、それぞれシャワーを浴びました。
すっきりしたところで解散…とはならなくて。
最初から発情しっぱなしのお姉さんを、2人がかりで責めたおします。
電気はつけたまま、窓際に連れてきて。
外から見られちゃうね、なんて言葉責め。
まあ、この位置だと見られるのはお姉さんだけじゃないけど。
いやん、なんて言いつつ、窓に手をついたりして、見られる気満々?
窓に映るお姉さんのセクシーボディーは、私たちをさらに興奮させます。
背中、内股、おまんこにアナル…。
私もYちゃんも本気でいかせにかかります。
過敏になってるお姉さん、そのままだと何回でもいっちゃうわけだけど。
あえていっちゃダメ、って命令しちゃいます。
無茶な命令を、一生懸命実行するお姉さん。
窓が閉まってても、外に聞こえてそうなくらい、大声で悶えまくり。
本当に頑張って、10分以上我慢してくれました。
さすがにもう無理…と言うので、どうしてもいきたい?って。
それでもいきたいらしいので、窓を開けてベランダに出てもらいました。
恥ずかしいよう…なんて言いつつも、割と素直に外に出るお姉さん。
全裸の身体を風が撫でていきます。
その風の刺激だけでいってくれたら、楽しかったんだけど。
私じゃないからさすがに無理かな。
外にもかかわらず、してえ、触ってえ、って大声でおねだりするので。
2人で乳首、クリトリス、おまんこ、アナルと4点責めでいかせてあげました。
ぴしゃあって派手に失禁して、股間を責めてた私はびしょ濡れに。
自分の漏らしたおしっこを、舐めてきれいにしてもらいます。
そうしてるうちに、お姉さんのお股はまた洪水。
今度はYちゃんに舐めてもらって、連続絶頂。
さっき10分我慢したから、10分いかせ続けてあげました。

さすがに放心状態になっちゃったので、部屋の中に戻ります。
シャワーを浴びた意味がなくなったので、再びシャワーを。
ちょっと狭いけど、3人一緒に入って、お互いをきれいにします。
敏感なところにシャワーを当てるだけで、びくんびくんっていっちゃう。
ボディーソープも使って手で洗ってあげたら、綺麗になるものも綺麗にならない状態。
こんなにいきまくったのに、まだ責められて、おかしくなりそう。
脚もがくがく震えて立っていられないので、寝室へ向かいます。
そして再びトライアングル。
どれくらいいきまくったのかな。
最初にお姉さんが失神。
続いてYちゃんが失神して、とりあえず終わりに。
風邪をひかないように2人にお布団をかけてあげて。
私は後片付けです。

そして朝…。
私がまだ寝てるうちに、いろいろ準備を始めるお姉さん。
Yちゃんをこっそり起こすと、私を動けないように、ベッドに縛ってしまいました。
びっくりして目を覚ます私。
でももう遅い。
大の字にされて、私は恥ずかしいところを隠すこともできません。
Yちゃんが見てる中、私を愛し始めるお姉さん。
Yちゃんに見られてるせいで、私もいつもより興奮しちゃう。
乳首を舌で転がされて、いやらしく勃っちゃうし。
恥ずかしいお汁もいつもより多い。
ぴちゃぴちゃ音を立てて舐められて、おかしくなりそう。
そして、早くもお姉さんのおちんちんの登場。
ハーネスの内側は、いつものようにオナT。
だから、入れてる最中から、お姉さんの喘ぎ声の方が大きいくらい。
一番奥まで入って、お姉さんが腰をくねらせます。
ポルチオをぐりぐりされて、今度は私が大きな声で喘いじゃう。
2人してアンアン喘ぎながら、奥を突いたりぐりっとしたり。
我慢できなくて潮吹いちゃって。
そのままYちゃんが見てる前でいかされちゃった。

拘束を解いて、そのまま2回目。
今度は後ろから突かれて悶えまくり。
そのうち騎乗位になって、お姉さんの上でいきまくる私。
お姉さんも私のおまんこを感じまくって、何度もいっちゃう。
おちんちん凄すぎて、とうとう私、失神しちゃった。
おまんこから溢れる淫乱汁を、Yちゃんがペロペロ舐めてて。
気がついた時、すごい恥ずかしかった。
そんなYちゃんを、私とお姉さんでいかせちゃう。
私たちのいやらしいエッチを見ていたから、もうあっという間。
お姉さんの顔に潮を吹きかけていっちゃった。
そんな感じで、空が明るくなり始めた中、3人抱き合って。
今期も頑張ろうね…なんて。

でも、これだけしても、まだスイッチが切れないお姉さん。
なので、私とYちゃんで徹底的にいかせることに。
今度は私がハーネスを着けて、私のおちんちんでお姉さんを下から突き上げます。
上半身はYちゃんが。
いってもやめないで、数十回連続でいかせちゃう。
お姉さんもたまらずに失神。
そのまま寝かせておいたらお昼近くになって。
ようやくスイッチが切れたみたい。

全員すでに体力なくなってて。
仕方なく、またデリバリーを手配。
お姉さんがベビードール姿で応対したら、配達員少しびっくりしてました。
食事後、ようやく解散です。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
変態ぷちの談話室
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。