FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぷちさん。。」
ぷちさんの身体をぎゅうっと抱き締める。
ほのかに香るシャンプーの匂いに、思わずキュンとなる。
ちゅ。。ちゅ。。
軽いキスを何回かしてから、長いキスへ。
そっと舌を差し入れると、ぷちさんも応えて絡めてきた。
「はん。。」
つい感じて気持ちよくて。
そのままぷちさんを優しく押し倒す。
服の上から胸に手を伸ばすと、ノーブラのおっぱいの先っぽはもう固くなってて。
軽く撫でると、かわいらしい喘ぎ声が漏れる。
「はううん…。」
「いっぱい感じてくださいね。」
私と同じくらいのおっぱいを揉み、快感を引き出していく。
軽く目を閉じてるぷちさん。
少しずつ顔が紅潮し始める。
私はさらにキスの雨を降らせながら、シャツのボタンを外した。
白い胸が露わになると、ぷちさんは軽く身体を捻ってシャツを脱いでくれる。
その間に、スカートのホックを外すと、お尻の方からするんと脱がせる。
ぷちさんの身体を隠すものは、小さな面積しかないサイドリボンのパンティだけ。
身体をずらして、乳首にキス。
手はそのまま下に伸ばして、パンティの上から撫で回した。
「あああ…。」
ぷちさんは自分から足を開いてくれる。
顔は横に向けて、恥ずかしそう。
大切な部分にそっと触れると、ちょっとぬるぬるしたものが指先についた。
感じてくれてる。。
いっぱいいっぱい愛したかった。
乳首を吸い、舌で転がす。
喘ぎながらぷちさんが、私の服を少しずつ脱がせてくれた。
こうして私もぷちさんと同じく、パンティだけの姿に。
私が一方的に攻めてるのに、私のあそこもすっかり濡れていた。

私はぷちさんをM字開脚させて、股間に顔を埋める。
あえてパンティの上から、敏感な芽を舐める。
ぷちさんの匂い。。
ぷちさん以上に、自分のあそこも大洪水。
本当は触って欲しくてたまらないけど、我慢してその分もぷちさんを愛する。
どんどん大きくなるぷちさんの喘ぎ声。
パンティ越しで焦れったいのか、しきりに腰をくねらせる。
そんな様子がいやらしくて、ますますキュンってなる私。
「ああん、お願い…。直接、舐めて…。」
とうとう我慢しきれなくなったぷちさんが、おねだりした。
私はゆっくり、ぷちさんのパンティのリボンをほどく。
ぷちさんのそこは、湯気が立つほど熱気を持っていた。
誘われるように、ピンク色の芽にキス。
びくんと震えるぷちさん。
そのまま想いを込めて舐め続けていたら、身体を仰け反らせていってしまった。
大好きなぷちさん。。
もっともっといってほしい。。
私はそのまま舌を動かし続ける。
敏感な芽と、大切な穴を往復しながら。
「ひゃん、だめ、続けていっちゃう…。はうう、いっちゃうう…。」
エンドレスラブ。
まさにその通り、何度いっても私は愛し続けた。
次第にペースを上げ、いきっぱなしになるぷちさん。
私はさらに大切な部分に指を挿れ、中からも愛する。
潮を吹き、それを私は顔で受け止める。
触られていないはずの私のあそこが気持ちよくなってきた。
それと同時に、激しい疼きを感じる。
私も愛して。。
私はぷちさんの横に移動して、ぎゅうっと抱き締めた。

再びキス。
どんな時でもキスが一番好き。
一番愛を感じられるから。
キスしながら敏感なところを触られると、蕩けてしまう。
そして今も。。
「はん。。ぷちさんぷちさん。。大好き。。」
「よーちゃん、大大大好き…。」
ちゅ。。
ぷちさんの手が私のパンティの中に。
もうそれだけでいきそう。
もっと、激しくして。。
私ももっとぷちさんを愛したい、ぷちさんに愛されたい。。
私がぷちさんの中をかき回すと、ぷちさんも私の中をかき回してくれる。
最も敏感な芽を同時に揉みこまれて、私はあっけなく、でも思った以上に深くいってしまった。
肩で息をしていると、もう次の波が襲ってきた。
私のぷちさんへの愛が無限なら、ぷちさんの私への愛も無限。
「またいかされちゃう。。でもやめないで。いっぱいいかせて。。ぷちさんと一緒にいっぱいいきたい。。」
私もキスと指を動かすのをやめない。
ぷちさんがいって身体をびくんびくんさせると同時に、私も大量の潮を吹いていきまくる。
でも、もっと、もっと、もっと。。
いった回数が2桁になり、自分では数えきれなくなって。
とびきり大きな波が襲ってきて、私もぷちさんも同時に空を舞うような感覚に飲まれて失神した。

ふと気がつくと、目の前にいるはずのぷちさんがいない。
でも、ぷちさんの場所はすぐにわかった。
お股がすごく熱くて、充実感に満たされている。
私は双頭ディルドでぷちさんと繋がっていた。
子宮に響く深い快感。
それは心にまで染みる。
快感の源は愛だから、心も愛に包まれて快感でいっぱいになる。
全てのブレーキは効かなくなり、ただ夢中になって愛し合い続けた。
いきっぱなしになるせいで過呼吸にもなるけど、それでも止まらない。
身体が悲鳴を上げても、心は貪欲に求め続けたから。
やがていった回数は3桁に。
どちらかがいくと、それがディルドを通して相手の子宮を刺激する。
それで相手がいって、快感が返ってくる。
それを感じたらまたいくから、特に何もしなくても、2人の間で愛のリレーを繰り返していた。
そして、身体はその深すぎる快感をしっかり記憶していった。
いつしか、また同時に失神したことで、貝合わせの接合が緩み、ディルドが子宮に届かなくなって、永遠とも思われた愛のリレーは終わりを告げる。
もちろん、アンコールでもう一度、同じことをしてもいいのだけど。。
快感を刻み込まれた身体は、ぷちさんと実際に繋がってなくても、ぷちさんの存在を感じるようになる。
ただ歩くだけで、ただ身体を動かすだけで、子宮が激しく感じていってしまう。
ぷちさんが私の中に入りっぱなしになっていた。
それはぷちさんにとっても同じで、私を感じっぱなしになった身体は、いき続けるのを止められない。
結局、他に何もできなくて、私とぷちさんは抱き合い、キスする。
そうして、愛の記憶をさらに強くしていった。
一瞬足りとも忘れられなくなるように。。

離れたくない。。
離れられない。。
だから。。
もう離さない。。
ぷちさんは私のもの。
私はぷちさんのもの。
愛してるから。。
いつまでも。。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

それは昔のこと

それは昔のこと

罰ゲームと言うか、お仕置きと言うか。
私はある格好で、コンビニに買い物に行くことを命じられます。
ノーブラノーパン、白のチューブトップワンピース。
ワンピース

ワンピはすごい薄いストレッチ素材でできてて、身体の線を浮きだたせちゃう。
つるぺたの私が着ても、かすかなおっぱいの膨らみがはっきりわかるほど。
そしてその薄さは、ブラを着けていれば、その柄がはっきり見えるほど透けちゃう。
ブラを着けていなければ、透けて見えるのは当然身体そのもの。
私のいやらしい乳首が、色も形もはっきりと見えちゃうの。
そんな格好をするだけでも恥ずかしくて濡れちゃうのに、さらにおまんこにはワイヤレス防水ローターを入れることに。
ワイヤレスだから外目にはすぐにわからないけど、スイッチを切ろうと思ったら、おまんこの中から取り出さなくちゃいけない。
外でそんなこと、基本的にできないから、つまり電池切れまで動きっぱなし。
でも、お約束で、いっちゃダメ。
ボタン電池で時間は短いとはいえ、耐え切らなくちゃいけないことには変わりありません。

ともあれ、コンビニに着く前に電池が無くなったら意味ないので、急いで向かいます。
時間は深夜、今思えばよくやったなあ、って感じだけど。
道中はそれほど人とすれ違うこともなく、すんなりお店に着きました。
お店には、大学生くらいかと思われる男子が2人いて、漫画雑誌を読んでいる様子。
私は彼らの後ろを通って、奥の成人雑誌コーナーへ向かいます。
手に取ったのは、投稿写真雑誌。
裸で自動販売機で買い物をしたり、裸で道路を歩く姿を撮影した写真などが載っています。
裸で買い物はしたことあるなあ、って思いながら見つめてて、ふとさっきの男子たちを横目で確認。
さすがに私の服装に気づいて、こそこそ話しながら私を見てました。
自分の胸を確認したら、ローターの刺激や恥ずかしさなどで興奮して、乳首はすごい勃っちゃってて。
横から見たら、すごい目立ってたんだろうな。
耳をすますと、あれノーブラだよ、とか言ってるし。
しっかりロックオンされちゃったみたいなので、もうひとつの命令を実行に移します。
『男性客がいたら誘惑すること』
私はその雑誌を片手に、いったん彼らの方を向いて、わざと考え込んだふりをしました。
おっぱいを見て、って言わんばかりの状態。
期待通り、視線は釘付け。
その後、気がつかなかったふりをして、文房具コーナーでペンライトを取り、ペットボトルのお茶と、さっき見ていた雑誌と一緒にレジへ出します。
店員さんは、よく見かける人。
私の格好には当然気づいてますが、ここはスルーしてくれました。

買った物を片手にお店を出ると、さっきの男子たちが駐車場で待ってて。
「大胆な格好してるね。俺たちとちょっと遊ばない?」
「欲求不満なの?いいことしようよ。」
みたいに誘ってきました。
さすがにそんな所で話してると、さっきの店員に通報されてしまいそうだったので。
「私の条件飲んでくれるなら?とりあえずそこの公園に移動しましょう。」
コンビニからほど近い所にある小さな公園に連れていきます。
「何々、条件って。」
「訳あって、おまんこは使えないです。フェラチオでもよければ、ご奉仕するです。」
「えーっ。いいじゃん、しちゃおうよ。一緒に気持ちよくなれるよ?」
案の定、おまんこに挿れたがる彼ら。
「私としたいのは子作りですか?遊びたいんですよね?リスク冒すより、ただ気持ちよくなりたいんでしょう?自分で言うのもあれだけど、フェラチオにはちょっと自信あります。ご主人様にもお墨付きいただいてるし。」
あえて、私の後ろにそういう関係の人がいることを匂わせます。
「まあ、そうだけどさ…。」
すごい残念そう。
でも、彼らがどこでするつもりだったか知らないけど、自分でコンドームのひとつも用意してなさそうなんだもん。
「その代わり、見ても触ってもいいです。あ、でも私は今いったらダメって命令されてるので。触ってもいいけど、寸止めしてくださいです。『いかせて』って私を鳴かせるくらいが一番いいかも。」
「おお。」
「それじゃ、自己紹介的に…。」
私は服の上から身体にお茶をかけます。
公園の電気じゃ少し暗いので、買ってきたペンライトで照らしながら。
おっぱいは完全に透けて、乳首丸見え。
ワンピース透け

裸よりいやらしい。
ワンピースの裾は少し持ち上げて、下から覗けるようにします。
「わあ、パイパンだ。」
リアルで見るのは初めてなのかな。
すごい珍しそうに見つめてる。
「ズボン下ろしてくれないと、フェラチオできないです。」
「あ、うん。」
「脱いだら、そのベンチに座ってくださいです。そこでご奉仕するから。」
ひとりがズボンを下ろしてベンチに座る。
足を開いてもらって、その間に私が跪きます。
私の身体を見て、興奮してくれたのか、おちんちんすごい大きくなってて。
私もハアハアしながら、そのおちんちんにご奉仕を始めます。
「すげー気持ちいい…。いやらしくてかわいいよ。」
本人は余裕たっぷりに言ったつもりなのかな。
でも、声はもううわずっちゃってる。
彼のおちんちんの感じる所、すぐに見つけちゃった。
一方、もうひとりは私の後ろから、おまんこを覗き込んでます。
ペンライト使って観察してたんだけど。
「なんか、変な音がするんだよな?」
お汁をヌルヌル溢れさせるいやらしいおまんこに、指を挿れてきて。
中に挿れてたローター、見つかっちゃった。
「あ、こいつローター入れてる。」
「スケベだな。」
「はううん…。」
約束通り、私をいかせないように気をつけながら、おまんこやクリトリスを弄り出しました。
フェラチオされてる方も、乳首を摘まんできて。
結構我慢するの大変。
「あふうん…。フェラチオできないよう。」
「頑張って。」
それでも手を休めない彼ら。
ただ、寸止めは甘い。
私を追い詰めるにはほど遠くて。
フェラチオをちょっと本気でしたら、あっけなくいっちゃった。

2人目に交代して、おちんちんにご挨拶、と思ったら、緊張しちゃったのか、小さくなってる。
「ごめん、さっきまで大きくなってたのに…。」
「リラックス、してくださいです。」
仕方ないので、お口で大きくしちゃう。
ただ、思ったより皮が…。
「ほ、ホウケー、嫌だよね?」
「日本人の半分以上は包茎だそうだし。私は気にしないです。痛くないですか?」
その時は適当に言ったけど、実際そのくらいいるらしい。
おちんちんを吸い出しながら、皮を根元に下ろす。
中から出てきたかわいらしいおちんちんにキスの雨を降らせてたら。
「わ、出る。」
ちゃんと勃起したのかわからないうちにいっちゃった。
思った以上に敏感だったみたい。

仕方ないので、また1人目の足元に。
「2回戦、しますよね?」
「え、いいの?」
「1回目は飲んじゃったから、2回目は顔射します?」
「するする。本当にさせてくれるの?」
「私から提案しておいて、嫌って言うわけ、ないでしょう?」
「神だ…。それともAV女優だったりして。」
「変態なだけで、ど素人ですう。」
2回目なので、すぐにはいかないけど、別に感じてないわけじゃなく。
私のフェラチオ攻撃が激しくなった分、悶えまくり。
いきそうと言うので、私が口を離しちゃうと、実際にはもう一息というところで寸止めに。
そんなのを2回もしちゃったから、最初の威勢なんてどこへやら。
「止めないで、いかせて…。」
逆に鳴かせちゃった。
ともあれ、3度目の正直でようやく私の顔にぶっかけてくれたけど、彼自身は腰が抜けちゃったみたい。

そのまま再び包茎の彼へ。
小さくたって敏感。
舌を挿し入れるようにしながらいじめてたら、今度こそ顔を出してくれて。
でも、彼はもう悶絶してた。
普通ならいっちゃうくらい気持ちいいのに、2回目だからいきたくてもいけない、みたいな。
よほど早くいきたいのか、腰まで動いてたけど。
彼も1回いきそこなって寸止め味わって。
2回目でようやく顔射成功。
やっぱり腰を抜かしちゃった。

いけない私は、彼らの目の前でオナしちゃう。
私に対する寸止めは、こうするのよ、みたいな。
クリトリスを弄り、Gスポットをぐいぐい刺激しながら、乳首を摘み上げる。
それまでの興奮もあって、本当にいきそうに。
潮は吹いちゃったけど、ぎりぎり寸止め成功。
すごい切なくて、目の前のおちんちんが欲しくなって。
「3回戦、しよう?」
って言ったら、逃げちゃった。
トラウマになってなければいいんだけど…。



家に帰って、ご主人様にご報告。
「なんだ、おまんこ使わせてあげなかったのか。ケチだなww」
「あうう…。」
「ま、ちゃんと誘惑して、4発抜いてあげたんだから、ご褒美あげないとね。あ、ぷちはいってないよな?」
「うん、いってないです…。寸止めだったから、切なくて。」
「えらいえらい。それじゃ、ご褒美。4発抜いてきたので、40回、寸止めねw」
「えっ…。あ、ありがとうございます。」
これが彼のやり方。
そして、内心それをすごい喜んでるのが私。
一番凶悪なバイブをおまんこに突っ込み、自分でできうる本当のぎりぎりの寸止めを繰り返す。
「あふ、あん、だめ、いっちゃう…。あああ、いけない、とめないで…。」
止めてるのは彼ではなく、自分自身なのに。
私の手は、私の一部ではなくなったかのように、私を容赦無く追い詰める。
寸止めした後の休憩も、ほんの少し息をつくくらいの短時間だから、ほとんど快感は冷めなくて。
いけないのに、身体は連続絶頂を迎えてるかのように、快感を溜め込んでいく。
10回、20回…。
自分で数えながら、快感の山をどんどん高くして。
潮もお汁も吹き出まくって、床には恥ずかしい水たまりが広がっていく。
こんなにも感じてるのに、いけないというだけで、切なくて切なくて。
「ああん、お願い、もういかせて。いきたい、いきたいよう。」
「もういっちゃうの?wまだご褒美残ってるよww」
ちゃんとおねだりできてないので、いかせてはくれません。
ちゃんとおねだりできても、いかせてくれないだろうけど。

気が遠くなりそうになりながら、それでもなんとか40回の寸止めが終わりました。
「はあはあ…。40回、ですう…。」
「よく頑張ったね。そういえば、男達に3回寸止めしてきたんだっけ?そのご褒美もあげなくちゃね。30回追加ww」
「あうう…。ありがとうございます。」
無情にも追加される寸止め。
でも、嘘でなく、その時の私は、喜んじゃう。
言葉通り、ご褒美なんです。
最初の40回に30分かかったけど、追加の30回は10分ちょっとで達成。
快感を受けすぎて、身体の方は限界を超えかかってました。
それでもいかないように我慢するのは、ご主人様に対する愛の証。
「30、回、追加、終わった、ですう…。」
「ぷちは本当にかわいいよ。そういえば、男達にオナを見せてあげたんだっけ?」
予定調和。
私の心はキュンキュンです。
身体だけは悲鳴をあげて、その瞬間に大量のお漏らしをしたけど。
きっちり、10回、寸止め追加です。

こうして合計80回寸止めされた身体、ちょっと動くだけでもいっちゃいそうな状態に。
さすがにこれ以上の寸止めは、私でも自信がなくなってきました。
彼も、私の状態は把握できてるみたい。
「あと、5回、我慢したら、いっていいよ。」
あと、たった5回我慢すればいかせてもらえる…。
なら、その5回は、最高の寸止めを。
私は、その5回は、さっきまでより遅く止めるようにします。
寸止めのタイミングを遅らせるのだから、もういきかかってる。
寸止めが崖っぷちで留まるなら、この寸止めは崖から半分以上身体が乗り出してる状態。
いきかかってるのを無理やり我慢するの。
これはさすがに連続でできないから、1回ごとに1分間休憩するけど、限界を超えた寸止めに息も絶え絶え。
切なくて辛いのに。
嬉しくてたまらない。
そして、私はその5回をやり遂げます。

ようやくいける…。
特に言われてないけど、寸止めした回数、つまり85回、今度は連続でいかされます。
その間、電池が切れないように、私はバイブの電池を交換してから、あらためてスイッチを入れました。
最初の1回は、我慢癖が残ってて、なかなかいかなかったけど。
一度いっちゃったら、もう我慢できない。
すごい勢いでいかされ、休む間もなく次の絶頂が襲い。
やがていきっぱなしで降りられなくなって、数十秒痙攣したみたいに。
失神して脱力して、大量のお漏らし。
でもすぐ起こされてまたいき出す。
2時間ほど、私はいき続けてました。
最後はさすがにバイブの電池が切れてしまったけど、何をされてもいく身体は、バイブが動かなくてもいっちゃう。
実際、電池が切れてたことに気がつかなかったから。
85回いって、水たまりの大きさは2mを超えて。
バイブを抜いた後も、勝手にいっちゃうくらい、身体は感じてた。

少しだけ落ち着いてきて、目を開くと、ご主人様の大きくなったおちんちんがそこにあって。
私は、うまく喋れないなりにも、必死でおねだりの言葉を紡ぎます。
「その素敵なおちんちんを、私の変態ぐちょぐちょおまんこに挿れてください。いやらしい子宮を突き上げて犯して、ご主人様の精液でいっぱいに満たしてください。お願いします。」
「よく言えたね。いい子、いい子…。」
そうしてようやく、ご主人様が私を抱き締めてくれました。
ご主人様のおちんちんがゆっくりと私のおまんこに入ってきます。
文字通り、蕩けたおまんこは、すごい熱くて、おちんちんに襞をまとわりつかせます。
その瞬間もいきまくる私は、反射的におちんちんを締め付け、精液を搾り取ろうとしてました。
「ぷち、いやらしくてかわいい子。気持ちいいよ。ああ、俺もいきそうだ。いくよ、ぷち。中にいっぱい注ぎ込んであげる。」
ほどなく、ご主人様は私の一番奥で絶頂を迎えます。
精液の熱い迸りが子宮口に当たり、私の最後の理性を溶かしていきます。
心の絶頂…。
この瞬間以降、私はもうまともな思考はできません。
言葉もめちゃくちゃだし、発情したメスの本能だけで求め続けて。
ご主人様、すごい頑張ってくれて、3回も私の中に注いでくれました。
失神した私を抱き締めて、髪を撫でながら、一緒に寝てくれて。
すごい幸せでした。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
変態ぷちの談話室
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。